不可解なドア 鶴篇

不可解なドアの続きです

 

お風呂のドアは引き戸で鍵は閉まっている時にしかかからない

それがわかったのはいいけど

結局どうやってかけたのか

 

試しに鍵をかけた状態で閉めてみると・・・

「スー・・・ガチャ」ドア閉まるし~

う~ん

やっぱり心霊現象??んな訳はないから息子が閉めたんじゃない?

といろいろ考えてると

嫁が「あっ!」

そういえばお風呂から上がって息子を先に拭いて自分を拭いてるときに

鍵を触っていたんだと

しかも、鍵回して遊んでたと

さらに

「おかあさん!ツルがでるよ!」

とすげーうれしそうに話してたとさ

 

creditcard-c.com

それじゃ~ん

これでドアの自動ロックの犯人はわかった~

なんだか安心?したのものつかの間、ここでさらなる問題が発生!!

「ツルがでる」

ツルが出るってなんなんだ~??

ツルってなんやねん?

改めて鍵を回すと

f:id:work-blog-special:20170619220824j:plain

鶴だ~!!

鶴がでた~!!!

子供の発想力はすごいな~

 

翌朝、息子にお風呂のドアの鍵で遊んだ?って聞いてみたら

鍵を回して「おとうさん見てみて!」と

「鶴」がでるよと教えていただきました

大人が見るもの、見えるものは子供にとっては普通じゃないし

いろいろなものや形がが見えているんだろう

その観察力や想像力を伸ばせていけたらね

 

不可解なドアはこれにて完結

 

それでは~